日立人誰知何,茨城・日立の妻子6人殺害事件初公判 経緯解明焦点:朝日新聞デジタル

写真・図版日立署から水戸地検に送検される小松博文被告(中央)=2017年10月[PR]

茨城県日立市のアパートで2017年、妻子6人を殺害したなどとして殺人や非現住建造物等放火の罪などに問われた小松博文被告(36)の裁判員裁判(結城剛行裁判長)が31日、水戸地裁で始まる。小松被告は起訴後、持病で倒れて事件当時の記憶が失われた。公判では、事件の経緯をどこまで解明できるかが焦点になる。

起訴状によると、小松被告は17年10月6日未明、日立市内の自宅アパートで、妻の恵さん(当時33)や子ども5人(当時3~11歳)を包丁で多数回刺したうえ、アパートの玄関にガソリンをまいて火をつけて殺害したとされる。小松被告は事件後に自首した。

捜査関係者によると、小松被告は捜査段階で自らの関与を認めていたという。起訴後に朝日新聞記者に寄せた手記では、事件前に妻から離婚を切り出されていたとして、「妻と子どもを誰にもわたしたくない」と考えるようになったと心境をつづっていた。

だが起訴後の18年11月、勾留されていた日立署で持病が原因で倒れ、一時心肺停止状態に陥った。一命はとりとめたが、後遺症で事件当時の記憶を失った。

弁護人は、今回の事件とは別に審理された詐欺などの事件の公判で、小松被告に裁判を受けられるだけの能力がないとして、裁判を打ち切る公訴棄却を主張。水戸地裁は3月、記憶に障害が生じていると認めた上で、意思疎通が十分可能だとして主張を退けた。

今回の公判で検察側は、小松被告や恵さんの関係者のほか、取り調べを担当した捜査員らの証人尋問などを通じ、事件までの経緯を立証するとみられる。これに対し弁護人は取材に、「訴訟能力がなく、公訴棄却されるべき事件だ」と説明し、事実についても記憶がないことを理由に争うとした。

水戸刑務所で勾留中の小松被告は28日、朝日新聞の取材に応じた。公判については「当時を覚えていないということを理解してもらえるか不安」と語った。一方で、「なぜ子どもまで手にかけてしまったのか」と口にすることもあった。

公判期日は計13回で、判決は6月30日に予定されている。(林瞬、伊藤良渓)

事件をめぐる経緯

2017年10月6日小松被告の妻子6人が殺害される。茨城県警は自首した小松被告を殺人容疑で逮捕

18年2月刑事責任能力を調べる鑑定留置を経て、水戸地検が殺人などの罪で起訴

18年8月水戸地検が有印公文書偽造・同行使や詐欺などの罪で起訴

18年11月日立署での勾留中に病気が原因で倒れ、一時心肺停止状態に

20年6月詐欺などの罪で水戸地裁での区分審理が始まる

21年3月区分審理で水戸地裁が有罪判決

21年5月31日殺人などの罪で初公判

最近上海迪士尼门票多少 上海迪士尼不接受调解 坚持翻包检查 去上海迪士尼乐园住什么酒店 上海迪士尼七项游戏 上海迪士尼飞越地平线是什么效果 上海迪士尼游客高峰期有多少人 大连到上海迪士尼旅游要带什么东西 上海虹桥机场迪士尼商店 上海迪士尼的游玩作文400字 上海迪士尼乐园12月人多 北海哪里好玩 东城哪里好玩 浙江哪里的海好玩 北京8月哪里好玩 日本旅游哪里好玩 兴城晚上哪里好玩 和平县哪里好玩 苏州木渎哪里好玩 三江县哪里好玩 韩国哪里好玩景点推荐